安東ウメ子 / IHUNKE「イフンケ」


2001年リリースのオリジナル「イフンケ」に未発表曲4曲を加え、ジャケット・デザイン変更 /デジパック仕様にて再発されました!樺太アイヌに伝わる弦楽器、トンコリの幽玄透明かつ複雑なニュアンスのリズムを辿る弦音にのせ、アイヌの伝統的歌唱、ウポポを深みある高音域で謡い聞かせる故・安東ウメ子のアルバム~歌に挟む口琴ムックリの微妙な響きも素晴らしく、まさにその芸において、アイヌ伝統音楽のシンプルな美しさを代表した存在と言えるでしょう。そのファーストCDにして最高傑作!?深い森の奥、冷たい霧の中を歩くような清涼感!音響派の貴方にも是非~00年代癒し系CDナンバー1と言いたくなるエポックメイキングな作品です。かえすがえすも亡くなってしまったのが残念…。

1. ペカンベ ウク(菱の実採りの歌)
2. イフンケ(子守唄)
3. フタレ チュイ
4. イヨマンテ ウポポ(熊送りのときに歌うウポポ)
5. クスエプ カムイ
6. レウレウ
7. ムックリ1(口琴)
8. ムックリ2
9. サロルン リムセ(鶴の舞)
10. ヘルトゥン ルトゥン(酒造りの歌)
11. サラバ ~イヤ コーコー
12. バッタキ(イナゴの大群)
13. ヘクリ サラリ(若い娘の遊び歌)
14. ツプ カワ カムイ ラン(湖に映る月)
15. ヤイサマ
16. アトゥイ ソー カタ(海の上で)

【Bonus Tracks】
17. ハーエイヨー
18. レウレウ(version)
19. キムンカムィ ネワ セタ(口琴)
20. ノキペ ウラス ペッ(口琴)

★今世界のどこを見ても一番興味を引かれるのは、発展型ルーツミュージックです。 日本には?いや、ありました
-ピーター・バラカン
★ハープに似たトンコリの音に乗ったウメ子さんの歌は、イノセントそのもので、単純な節の反復が多いのにとても深いニュアンスを感じ、単調でもタイクツでもない。ちゃんと現代に生きている。今月の新譜では一番好きになった。
-中村とうよう (『ミュージック・マガジン』2001年6月号)
★アイヌ音楽の継承者、安東ウメ子の歌うチャント「ウポポ」を初めて聴いたのは数年前、全くの未知の歌に驚き、同時にすごくリラックスした。
トンコリ(ハープや琴に似た音色の伝統楽器)奏者OKIのプロデュースで、アコースティックなポスト伝統音楽に生まれ変わった新作でもその印象は、変わらない。フィンランドのヴァルティナ、台湾の郭英男もイイが、国内にこんな音があるとは奇跡的。
-サラーム海上 (『TV Bros』2001年5月12日号)
★「日本」という言葉の中にあったはずなのに、新しい宇宙に出会ったような感触、感動、興奮
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

ando

 

<ORIGINAL PRESS CD 品切れ (2001)

go top